やっぱり周囲にバレないのが一番!

家族や同僚にバレたらとっても困りますよね。キャッシングを申し込む際には、電話や郵送物などでキャッシングが発覚してしまうことが一番心配です。

 

勤務先に電話がかかってくるのは困る

キャッシング会社では、申し込み者の心情を考慮して、会社名ではなく担当者名で在籍確認の電話をかけてくれます。電話が頻繁にかかってくる賑やかな職場であれば、どさくさに紛れて在籍確認の電話も上手くいくでしょうが、私用電話が暗黙の了解で禁止されているような会社だと難しいですよね。

 

電話による在籍確認が不要?

在籍確認が不要なところは、探せば結構あるんです。例えば、アコムやプロミスの場合は、在籍確認が不要となっています。審査結果によっては、在籍確認が必要な場合がありますが、その場合でも書類提出で承認してもらうことができます。

 

ネットで増額申請も簡単

50万円以下の借り入れであれば問題ありませんが、50万円以上の借り入れを希望する場合は、収入証明書類の提出が必要となります。提出する収入証明書類には、氏名、会社名、金額、発行年月日の記載がなければいけません。いずれも、前年度分か直近2か月以内のものが必要です。

 

また、モビットのWEB完結で申し込みをしたい方は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を開設済みで、健康保険証を持っていることが条件で、スピーディーに借り入れを実現することができます。

 

モビットって凄い

モビットなら、勤務先に在籍確認の電話がないですし、毎月の明細書もWEB確認に設定できるので郵送物が届く心配もありません。WEB完結は、@ネットで必要事項入力→Aネットで必要書類を提出→Bメールで審査結果を受け取る→Cネットで入会手続き→D利用開始といった流れで申し込みができます。

 

審査結果の連絡がメールに入ってくるので、勤務中であっても「電話に出られない!どうしよう!」と、いった心配がありません。しかも、カードの発行もないので、家族にカードを見られる心配やカードを紛失しする心配もありません。ただし、利用する三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を家族にこっそり開設して、取引履歴を見られないように気を付ける必要があります。

 

在籍確認について事前に聞いてみよう!

キャッシングはしたいけど、在籍確認による電話は絶対に無理という方は、在籍確認方法について事前に電話で確かめておくことをお勧めします。利用するキャッシング会社で、どうしても電話による在籍確認が必要と言われたら、どのような方法で在籍確認とするのかをよく聞いてみましょう。

 

キャッシング会社によっては、本人が出なくても良いケースもあります。

「〇〇さんはいらっしゃいますか?」「〇〇は、ただ今席を外しております」と、いったやり取りでも在籍確認として承認してくれるところもありますので、事前にどのような方法で本人確認としてくれるのか聞いておいた方がよいですね。

 

銀行の本人確認は誤魔化しにくい

銀行の本人確認は、銀行名で電話がかかってきて、生年月日を言わされるので、隣の席の同僚に怪しまれやすいですね。その代わり銀行は金利が低いというメリットがありますが、どうしても審査が厳しくなってしまいます。