ブラックリストに名を連ねた時のことを考えてみましょう

聞いたことはあるけれど、自分の言葉では説明しがたいブラックリスト。もしかすると、「金融業界で回覧されているもので、返済が滞っている悪徳利用者の名前がズラリとならんだリスト」などと想像してしまうかもしれませんね。でも、実際にはそんなリストは存在せず、単なる都市伝説でしかありません。

 

お金を借りたら、約束通りに返す。これは誰もが承知している常識です。キャッシングを行った場合ももちろん同様で、いつか返せば済む話ではありません。こういった貸し借り全てのやり取りデータを保管している「個人信用情報機関」という団体があります。ここでは信用情報の一括管理を国の依頼により行っているのですが、もしも貸し借り、返済の間に問題(金融事故)が生じれば、その事実が記載される仕組みになっています。このことが、俗にブラックリストに載ると言い表されているのです。

 

どういった場合にブラックリストに載るの?

個人信用情報機関にどの程度のデータが残るかというと、「借入契約数」「残高額」「返済記録」などです。これらの情報に例えば延滞といった内容の記載があれば、ブラックリストに載っている状態になります。ですが、場合によっては「うっかり忘れてしまった」「勘違いしていた」といった理由で返済が遅れてしまうこともあるかもしれません。

 

この程度の過ちを一回犯した程度ではブラックリストに載るとは言わないので安心してください。ただし、間違いなく延滞記録としては残ります。そして、ブラックリストに載るということは延滞を何度も繰り返した場合のこと。この状態になると、返済能力に疑問を持たれ、申込み審査を通らなくなってしまう可能性が高まります。

 

金融業界では、「ブラックリストに載る」=「悪質な延滞」と見做します。つまり、故意の延滞であり、最初から確実な返済をするつもりがなかったと判断されても仕方がないのです。通常は、どこの金融会社の場合でも3ヶ月を超えて返済が行われない場合にはブラックリスト入りと考えるようです。

 

借りてはみたものの、返済をする能力が至らない時には、債務整理という選択肢があります。これは全ての債務を整理し、無理のない範囲で返済し易くする手段のことです。場合によっては自己破産を選択し、所有している全ての財産を差出し、債務整理を行うケースもあります。これらの手段を用いて債務整理を行えば、必ずブラックリストに載ることになります。簡単に言うと、返済の遅れと債務整理の2つがブラックリスト入りの主な理由なのです。

 

ブラックリストに載るとどんなふうにヤバい!?

借入の申し込みを行った後、実際に借り入れるまでには、必ず審査を通過しなくてはなりません。その時にチェックされるのが、信用情報です。ここに今までの延滞情報などが記載されていたら、係の人は気持ちよくお金を貸す気持ちにはなれないでしょう。

 

即ち、ブラックリストに載るということは、キャッシング会社やクレジットカード会社の信用が得られ難くなる。場合によっては、お金を貸してもらえない状況に陥るということ。現在のようなカード社会においては、どれほどの不便が強いられることでしょう。高額の買い物をする為に現金を準備したり、それを持ち歩いたりしなくてはならないのですから。

 

ブラックリストは一生の傷!?

答えは、「No!」一定期間の間に追加記載がない場合は、ブラックリストからは外されることになります。現在は個人信用情報機関といえば、JICC、CIC、KSCの3団体が挙げられますが、どの機関でも通常は5年経過を条件にブラックリストから消去されています。

 

前述で、ブラックリストに載るには2つの大きな理由があるといいましたが、それぞれ5年経過の算出基準が異なります。例えば、債務整理の場合。手続きがすべて終了してから5年の期間が必要です。また、延滞の場合には、延滞後に最初の返済が行われてから5年間と考えます。

 

これはいたずらに5年経過を狙った場合の措置であり、返済の意思を見せなければ延々とブラックリストに掲載され続けることを意味します。それが嫌と思うならば、返済を行うか債務整理を速やかに選択し、然るべき手段を取るようにするのが賢明です。