銀行カードローンの即日審査は即日融資とは異なる

キャッシング会社のホームページでは、即日融資や即日審査について宣伝されていることがあります。そこでは「午後2時までに審査が完了すれば即日融資が可能」とか「インターネットからの申込みでも即日審査が可能」などと謳われています。

 

「即日」と記載されていると、その日のうちに融資されるものと勘違いしがちですが「即日審査」と「即日融資」は異なる概念です。「即日審査」と宣伝されているからといってかならず「即日融資」してもらえるものではないのです。

 

即日審査の後に融資まで待たされることもある

即日審査はあくまでも申込がなされた日に審査が開始されることを意味しているだけです。銀行カードローンなど審査に時間が掛かるキャッシングサービスの場合、審査の開始から1週間以上経過してやっと融資されるということもあり得るのです。

 

即日審査を即日融資と混同し、急にお金が必要な時に即日審査のキャッシングサービスに申し込んでしまうと、その日のうちにお金を融資してもらえず大きなトラブルを招いてしまうこともありえるため、注意する必要があります。

 

即日審査は審査の受付だけを意味している

「24時間、即日審査に対応」と宣伝されていても、それは審査をいつでも受け付けるということしか意味してません。銀行カードローンは即日審査に対応していても、即日融資には対応していないことが多くなっています。

 

即日審査は即日融資を意味していないことに注意し、急にお金が必要となったら即日融資のキャッシングサービスに申し込むことが大切です。

 

即日融資は消費者金融系のキャッシング会社がほとんど

実際に即日融資に対応しているキャッシング会社の多くは消費者金融系の金融会社となっています。消費者金融系のキャッシング会社は自動審査システムを構築しています。

 

消費者金融系のキャッシングサービスに申し込むと、融資の可否や融資額の水準についてコンピューターが迅速に審査を行い、その結果が短期間のうちに通知されるようになっているのです。

 

さらに消費者金融では自動契約機を利用して、ローンカードをその場で利用者に支給することも可能となっています。自動契約機を利用して申込むことも可能で、その場で審査の完了を待ち、審査が完了したらローンカードを支給してもらいATMからお金を借りられるようになっています。

 

このように消費者金融系のキャッシング会社では、融資のための迅速なサービス体制が整備されているため、即日融資に対応できるようになっているのです。

 

銀行系カードローンでは、即日融資は難しい

他方、銀行系のカードローンでは即日融資は難しいものがあります。消費者金融ほどの自動審査システムが整備されておらず、自動契約機の数も少数に留まります。

 

そのため審査に時間がかかり、ローンカードの支給も郵送で行なわなければなりません。

 

融資の銀行振込には時間の制約がある

銀行カードローンの融資については銀行振込で対応することが多くなっています。しかし銀行振込では平日の午後3時までに振込がなされないと翌日の振込扱いになってしまう他、休日には対応できないというデメリットがあります。そこで銀行振込による融資は即日融資には向いていないのです。

 

即日融資を利用するなら、消費者金融を利用すべき

銀行カードローンの場合でも平日の午前中に申し込めば、即日融資が可能となる場合があります。銀行の担当窓口を訪れ、融資の申込をし、振込またはローンカードで融資を受け取ります。しかしこれは、申込者の経歴や所得に問題がなく審査が迅速にすすんだ例外的なケースに限られます。

 

銀行カードローンでは審査がその日のうちに完了するのは稀です。即日融資を利用しなければならない時には、消費者金融系のキャッシング会社に申し込んだほうがより確実に即日融資をしてもらえるため、消費者金融を利用すべきなのです。