審査の厳しさは、金額に比例してハードルが上がります

キャッシング業者からの借り入れは、10万円、30万円、50万円と金額が大きくなればなるほど、審査が厳しくなっていきます。なぜかというと、多額の貸付を行えば、キャッシング業者にとってのリスクが比例して大きくなるからなのです。

 

借り入れを希望する人の年収がとても多くて、10万円借りても50万円借りても別に変わらない場合などは別でしょうが、普通はそんなことはありませんよね。当然、借入金額が増えれば、その分審査が厳しくなるのです。

 

ほとんどのキャッシング業者や銀行の最低限度額は10万円

ほとんどのキャッシング業者や銀行のカードローンの融資の最低限度額は10万円です。はっきり言ってしまうと、10万円の融資しかできない人は、「審査には通りましたが、あなたの信用度は最低クラスですよ」と判断されてしまったということです。

 

在籍確認が取れなかった場合のアコムでの最低金額

アコムで借り入れをしようとした際に、勤務先への在籍確認が取れなかった場合は、融資の限度額は10万円になります。本当に働いているのかわからないけれど、10万円なら貸してもいいですよ、といったくらいの信用度になります。貸し倒れ(返済がない状態)になってしまったとしても、業者や銀行にとって大きな損害にならない金額が10万円なのです。審査は通して顧客としてとりあえずキープしておこう、という考えです。

 

キチンと返済して実績を残せば、少しずつ増額してくれます

たとえ最低限度額でも、審査には通ったということなので、最低限の信用は得られたということです。きちんと返済して、実績を残していけば、利用限度額も増額してくれます。私が昔学生の頃にとある消費者金融で融資を受けた際は、やはり限度額は10万円でした。その後、数ヶ月できちんと全て返済し、利用しない状態が1年続いたあと、限度額を16万円に増額します、という連絡がありました。遅延・延滞をせずにきちんと返済したり、長期間会員状態を維持したりすると、キャッシング業者からの信用がアップし、借入限度額が増えていくのです。

 

収入のない専業主婦の場合は、30万円が限度額

専業主婦で、個人の収入のない人の場合は、消費者金融ではキャッシングを受けることはできませんので、銀行カードローンを利用することになります。専業主婦の借入限度額は、大手の銀行カードローンはどこも30万円で一定になっています。

 

本来はその人ごとに収入が違うため限度額も変わってくるのですが、収入がない専業主婦に限っては一律にしているところがほとんどです。旦那さんの収入の一部を利用するようになるでしょうから、その収入のうちどれくらいを使えるのかわからないので、個別に金額を設定しても意味がないのです。推測ですが、銀行側としては、審査のこすとさくげんもかねているのではないでしょうか。

 

消費者金融では、収入証明書なしで50万円までOK

消費者金融を利用する場合は、50万円までなら収入証明書なしで借入をすることができます。銀行カードローンの場合は100万円から300万円まで借り入れられるので、比較すると少なくなりますが、キャッシングは収入証明書なしでかなりの金額を借入することができるのが魅力的です。

 

消費者金融にとっては、50万円までは大したことのない額なのでしょう。50万円という金額をいきなり借りることに抵抗のある人も多いでしょうが、収入証明書を確認しないという事実から、さほど返済に厳しくなる金額ではないということなのです。

 

年収ごとの借入限度額はどれくらい?

キャッシングには「総量規制」というルールがあります。年収の3分の1までの借り入れしかできないという仕組みで、利用者にとっても自分を守るためのルールでもあります。

 

それぞれの金額で審査の判断基準となる「年収がいくら必要になるか」を見てみましょう。総量規制のルールで計算すれば、借入金額それぞれの必要年収は以下のようになります。

 

借入金額と年収は?
  • 借入金額10万円の場合 年収30万円必要
  • 借入金額30万円の場合 年収90万円必要  
  • 借入金額50万円の場合 年収150万円必要

 

「年収30万円って何?」と思われる人もいるでしょうが、年収30万円というとだいたい高校生がアルバイトをしたくらいの年収になります。年収で考えると、10万円の限度額の信用度は、つまり学生さんくらい、ということになります。在籍確認が取れない場合でも、アコムが10万円融資します、という理由もわかりますよね。

 

最低限月5万円くらいの収入があって、今までに返済に関するトラブルなどを起こしていない人の場合は、たいていキャッシング審査を通ることができます。最低でも限度額10万円での契約はできるでしょう。限度額10万円でも契約できない場合は、無職だったり、多重債務があったりとクレジット上の記録に問題がある場合がほとんどです。そうでなければ、基本的に10万円くらいは借りることができますので、初めての人も安心して利用することができます。

 

ちなみに、はじめから50万円の借り入れをすることは、現実的にはかなり厳しいです。最初のキャッシングでは30万円までは簡単に通る場合が多いのですが、50万円は通らないことが多くあります。はじめはどの業者も、30万円で様子見をしているのかもしれません。