利用明細はWEBで確認がおすすめ

自宅に銀行や消費者金融からの郵送物が届いた事で、利用している事がわかってしまう事があります。家族も了承しているのであれば特に問題はありませんし、消費者金融からの封筒には会社名が書かれていませんので外から見ても何の郵便物だかはわからないようになっています。

 

ですが、キャッシングの利用者の中には誰にもその利用については言わないようにしている人もいます。そのような場合には、申し込みの際にいくつか気をつけるポイントがあります。

 

消費者金融の場合

消費者金融であっても、黙っていても勝手に郵便物は控えてくれるといったわけではありません。そもそも消費者金融は違法な業者ではありませんから、悪い事をしているといったわけではないのです。ただ、キャッシングを利用しているという事自体は人に自慢するような事でもありませんので、なるべく言いたくないというのが一般的かもしれません。

 

そのため、消費者金融の場合は審査の際に勤務先へ電話をかける時でも決して業者名を名乗りません。業者名を名乗ってしまうと、キャッシング専門の会社である事がすぐにわかってしまうからです。申し込みの際には利用明細書の受け取り方法も郵送やWEB明細など方法が選択できますので、自宅に郵送されるのが困るというのであれば、WEB明細の利用登録をしておけば大丈夫です。

 

携帯電話を持っていてメールアドレスを登録しておけば、消費者金融から自宅や勤務先に連絡をするような事はなく、ダイレクトメールが来たとしても郵便ではなく電子メールです。消費者金融から自宅や勤務先に直接連絡が来てしまうのは、本人に連絡がどうしても取れなくなってしまった時です。

 

毎月の返済日にはきっちりと返済し続けている限り特に連絡する必要もありません。例えば、返済がうっかり滞ってしまうような事が1回あったぐらいでは、いきなり自宅や勤務先への電話はありません。督促の電話などを無視し続けて、何度も返済日をすっぽかしてしまっているようだと、自宅等に連絡が来ます。

 

それでも、本人はいますかといった問い合わせであって、その内容がキャッシングの返済が滞っている件である事は相手が家族であっても絶対に言わないというのが基本です。それでも連絡がつかなければ勤務先に電話が来る事もあるかもしれませんが、それも自宅同様に用件はもちろん言いません。

 

そこまでの事になる前に電話に応じる方がいいのですが、返済する事ができない後ろめたさもあってなかなか電話に出る勇気が出ない事もあるかもしれません。しかし、そのまま連絡から逃れ続けてしまうと、いよいよ裁判所を通して通告が来てしまう事になります。

 

多くの人が想像するような怖い取り立ての人が来るような事は絶対にありませんが、裁判所にも出向かずにそのままにしておけば、果ては給与の差し押さえにまで至ってしまう事もあるため、最終的には最悪の形で家族や職場にキャッシングの事がわかってしまいます。

 

銀行カードローンはどうなのか

銀行の場合には消費者金融よりも何事もオープンな傾向はあり、在籍確認も他の種類のローンと同様に銀行名を名乗っての電話になります。

 

郵送物も銀行名の入った封筒で書類が郵送されるのが基本ですが、最近では消費者金融同様に自動契約機等を導入していたり、審査も消費者金融並みに早くて郵送物もなしの銀行カードローンがあります。銀行からの郵送物はキャッシングだけでなくても他の取り引き上よく自宅に郵送されてくるものなので、あまりそこを心配しない人も多いでしょう。

 

どちらにしても最初が大事

銀行でも消費者金融でも、インターネット申し込みや自動契約機ならばその場で全てが完了できてしまう事が多く、申し込みの時点で郵送物については自分の意思表示する事ができますし、普段から真面目に返済していれば督促等の連絡を受ける事もありませんから特に周囲に気づかれる事なく利用し続けられるでしょう。

 

様々な工夫をしてどんなにわからないようにしても、普段から明らかに持っているはずの金額を超えたお金の使い方をしていればそれで家族に気づかれる事もあるでしょうし、周囲にわかってしまう要素は郵送物等の連絡関係だけとは限りません。